スポンサーサイト
2015.05.27 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
損失の罠(Loss Trap) −自信過剰について−
2009.05.31 Sunday 08:23
もしあなたが、負けトレーダーになりたかったら、次の簡単なルールに従うがけでよい。
 「負けトレードにしがみつけ、そして、それが成長するのをみていろ」 
単純に、反対のことをすればトレードで成功できるのだろうか。その可能性は高くなると思うけど、そんなに簡単なことでもなさそうだ。

損失の罠に関係してくる5つの重要な事柄についてバンは触れている。 
1) 人間はそれぞれ独自のフィルタをかけて物事を見ているため、そのトレードの本質を見ていない場合は損失の罠にはまってしまう。 
2) 損失がでている事実を説明する必要があるとき、他の人のアドバイスや、大衆の動きをから自分自身を正当化し損失の罠にはまってしまう。 
3) マーケットの動きを予測することに対して、自信過剰になってしまうとき、損失の罠にはまってしまう。 4) 多くの人々が損失を確定することを嫌う傾向があり、ギャンブル的な行動(損失を持ち続ける)をとってしまう時、損失の罠にはまってしまう。 
5) 損益分岐点に達した時、多くのトレーダーは、ポジションをとった最初の動機について疑いを持ちはじめ、その疑いはトレーダーをマヒさせてしまう。その時、損失の罠にはまってしまう。 

一番、興味深かったのは4)の「自信過剰」について。演習問題があって、20程のチャートに価格と出来高の情報のみが載っていて、上がるか、下がるか、どちらの方向に行くのか予測し、自分の予測に対する自信度をつけていくというもの。 調査によると、株価チャートの見方を学んだ人々に、同じ演習問題をさせると47.2%の正解率で、彼らの自信度は何と65.4%にもなった。この実験からわかることは、いかに人間が自分の予測に対して、自信過剰かということだ。しかし、この結果から、考えさせられるのは、マーケットを予測は難しいということ。しかし、予測できないマーケットから利益を上げている魔術師は実際存在する。 バンが「成功しているトレーダーの勝率はせいぜい35%〜50%」と言っているのは、この予測不可能なマーケットと関係がありそうだ。 
今日もまたがんばろーっと。
| 魔術師ロバ | 心理・精神 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2015.05.27 Wednesday 08:23
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://marketwizard.jugem.jp/trackback/5
Search
Profile
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ロバのつぶやき
マーケット情報
Free Forex Charts: Forex Chart powered by CMS Forex
免責事項
証券や為替取引は元本が保障されている金融商品ではありません。 相場の値動きによっては、元本割れや予期せぬ損害を被る可能性もあります。 実際のトレードはご本人様の判断でお願いいたします。 当ブログを利用・参考にして被った金銭的及びその他いかなる損害につきましても、一切対応できかねます。 ご了承の程、よろしくお願いいたします。
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM